中興電工機械股份有限公司

中興電工機械股份有限公司について

中興電工は台湾の桃園市に本社を置く、発電機や燃料電池を手がけるメーカーです。中興電工のメタノール改質型燃料電池は独自のシステム技術により、メタノール改質器、燃料電池発電部がワンパッケージになっており、「省スペース化」、「高出力化」に成功しています。そのため、この燃料電池は携帯電話・通信業界や鉄道業界をはじめとした、非常時に“長時間”バックアップ電源が必要な用途へ最適な製品です。
既に世界中では3,000機以上の導入実績があり、非常時の長時間バックアップ電源としてご活用いただいております。

会社概要

所在地 台湾 桃園市
設立 1956年
代表者 董事長 江義福
事業内容 発電機・燃料電池の開発製造
従業員数 1992人
製造拠点 台湾 メキシコ
株式上場 上場 TWSE 1513
売上高 NT$12,717million(約470億円)
本社URL http://www.chem.com.tw/