導入事例

本社のあるカナダを始め、世界各国で2,900以上の導入実績があります。

携帯電話基地局の長時間バックアップ電源としての使用例

携帯電話基地局には、従来からバックアップ電源が備えられていますが、災害時でも長時間対応でき、メンテナンスも簡単で、体積や重量も小さい、燃料電池がベストソリューションとして注目を集めています。

前提
用途 災害(停電)時の携帯基地局用バックアップ電源
接続負荷 直流48V 41.6A(交流100V 20A) 2,000W
継続時間 72時間(総務省からの指針)

体積

重量

携帯電話基地局のバックアップ電源に限らず、災害対策本部や、避難所、病院や介護施設、
信号機など、非常時でも電気を絶やす事ができない場所などに、燃料電池は非常に有効です。

海外 2台連結設置例

用途 携帯基地局のバックアップ
バックアップ時間 24時間以上
システム ME2 POWER 5kW×2台

海外衛星通信設置例

用途 衛星通信機器のバックアップ
バックアップ時間 24時間以上
システム ME2 POWER 5kW×2台

国内 屋上設置例(簡易架台使用)

用途 映像施設のバックアップ
バックアップ時間 72時間以上
システム ME2 POWER 4.5kW 起動用電源

国内 浄水場設置例

用途 信号用通信機器のバックアップ
バックアップ時間 24時間以上
システム ME2 POWER 4.5kW 起動用電源

国内 鉄道会社設置例(外部タンク付)

用途 駅間電話のバックアップ
バックアップ時間 1週間
システム ME2 POWER 4.5kW