導入事例

洋上風況観測 J社様導入事例


洋上風況観測 J社様導入事例

商用の洋上風況観測プロジェクトに弊社の燃料電池とドップラーライダーを納入。 2020年度開始の洋上メットマストとドップラーライダーを使った商用洋上 風況観測事業の3件すべてに弊社燃料電池が導入されました。

困りごと

風力発電の環境アセスメント目的で ドップラーライダーによる風況観測が必要だが 洋上のため系統電源がなく電力供給が課題であった。 更に設置場所までチャーター船が必要なため頻繁な訪問が困難であった。

解決

小型かつ運搬可能な燃料電池システムを導入することで 海上でも安定的かつ長期間の電力供給が実現。 燃料補給以外の定期的なメンテナンスも不要で、 チャーター船での移動を最小限に。

場所 非公開(海上)
目的 風力発電の環境アセスメント
ライダーによる風況観測の実施
消費電力 80~120W(気温により変動)
負荷機器 ZX300M
燃料電池システム仕様 非公表
出力 AC100V
DC24V
メタノール容量 非公表
蓄電量 非公表
稼働日数 非公表
課題 系統電源がなく、また船舶のみでのアクセスが可能
大型/重量の荷物の輸送が困難
解決 小型かつ運搬可能な燃料電池システムにて課題解決
燃料補給は船舶で定期アクセスし対応

戻る